東京予防接種利用やリレンザの正しい飲み方

季節性インフルエンザの予防接種は10月ごろから開始され、感染時に重症化を防げるとして東京予防接種の中でも重要視されています。13歳未満の子供は2から4週間の間隔をあけて2度接種することで予防の効果が高まります。東京予防接種は病院で受けることができて、数に限りがあるため予約を行ってから病院に行ったほうが良いです。

予防接種は熱が出ていると受けられないことがあり、風邪をひきやすいシーズンですから注意が必要です。多少咳などが出ていても受けることができる場合もあるため、診察を受けて医師に判断してもらいましょう。

インフルエンザ治療薬にリレンザがあり、ウイルス増加を抑える薬です。このため、病院で処方を受けて調剤薬局などで購入したらすぐに吸入することが悪化させないために重要です。飲み方の説明書をよく読んで、吸入器にしっかりと薬がセットされているか確認し、子供が飲む場合には吸入を最後までしっかりできているか大人が確認をしてあげるべきです。飲み方が誤っていると効果が薄れてしまいますから、リレンザの吸入手順を先に覚えてから利用すると良いです。

リレンザは予防薬としても利用が可能ですが、家族や職場など身近なところにインフルエンザを発症している人がいて、感染する可能性が高いときに利用すると効果が期待できるものであり、基本的な予防は東京予防接種でインフルエンザの予防接種を受けるべきです。

治療でリレンザを服用するとき、症状が良くなってくると途中でやめてしまう人もいますが、症状がおさまっても体内にウイルスが残っていて人に感染させてしまう可能性が高まるので、必ず医師から指示されたとおりの期間である5日間あるいは10日間、正しい飲み方で吸引を続けることが大切です。