感染症にリレンザは効果があるが食欲不振の副作用も

感染症とは環境中に存在するあらゆる病原菌が、人の体内に侵入することによって起こる疾患のことです。感染経路としては接触感染や飛沫感染などがあります。病原体が付着しているありとあらゆる物に接触することによって感染してしまう「接触感染」には病原体を持つ動物に噛まれても感染してしまう場合もあります。「飛沫感染」は咳やくしゃみによって飛ばされた病原菌を吸入してしまうことで感染してしまいます。インフルエンザなどは代表的な飛沫感染による感染症ですね。インフルエンザは感染症のひとつでインフルエンザウイルスに感染することによってかかってしまう病気です。風邪と症状は似ていますが、感染すると急激に発症し症状も重症化する点で普通の風邪との違いがあります。インフルエンザは強力な感染力で一度流行ってしまうと短期間で感染が広がってしまいます。日本では11月から翌年3月ごろまでが流行時期になっています。インフルエンザにかかってしまうと高齢者や幼児などは症状が重度化してしまう恐れがあるので早い時期から予防接種等による予防対策が必要と思われます。しかし、予防接種でも感染は予防できないという話もあります。そこで、抗インフルエンザ薬「リレンザ」の使用は効果があると言われています。一時騒がれた「タミフル」と抗インフルエンザ薬という点では同じですが、副作用が少ないことで知られています。リレンザには感染予防効果もあり、家族がインフルエンザにかかってしまった場合や会社で社員がかかってしまったという時に効果を発揮します。食欲不振等の多少の副作用は見られますが、それでもリレンザはタミフルよりは効果が高く安全な薬と考えられます。「食欲不振や何のその。」の気持ちで早くリレンザを試してみましょう。早期予防、早期治療で食欲もすぐに復活することでしょう。