リレンザ使用の危険性は?

インフルエンザにかかってしまったときには一日でも早く回復したいと考えるものです。40度に到達するような高熱が出たり、身体の節々が痛んだり、寒気や悪寒がしたりといった様々な症状に苦しめられることになるからです。小児の場合にはインフルエンザ脳症となって後遺症が残る可能性もあり、お年寄りの場合には命のリスクを抱えることになります。そのため、たった一日でも回復を早められるのであれば藁をもつかむ思いで治療を行うというのが一般的な考えになっています。リレンザはインフルエンザ治療に用いる医薬品の一つであり、治療を早める効果があることが知られています。リレンザを使用する際にはいくつかの注意点があります。吸入薬として開発されたものであり、吸入を容易にするための器具が開発されています。これを正しく使わなければ効果を期待できないだけでなく、危険を伴うことを理解しておくことが必要です。正しく使用したとしても喘息などの肺疾患がある場合には発作の引き金になってしまう危険性があるということを理解しておく必要があるでしょう。一方、リレンザを服用した後に精神神経症状が生じて異常行動を起こすという報告が散見されています。子供に多いことから、保護者が注意を払っておく必要があることです。この他、副作用として知られているもので頻度が高いものはそれほど多くはありませんが、吸入薬であるために肺に刺激になってしまって喘息のような発作を起こす危険性があるということは留意しておくとよいでしょう。そのほか、アナフィラキシーや皮膚障害、粘膜障害といった副作用も稀にあるものとして報告されているものであり、初めて服用する際には注意をするに越したことはありません。
■通販でもインフルエンザ治療
インフルエンザ 治療